個人セッション同意書


*以下の同意書をお読みになり、同意されてからご予約下さい。

 

施術前後の注意事項

・施術は完全予約制となっております。必ずご予約いただき、日時を確定してからセッションルームへおこし下さい。

・飲酒をした状態でのエネルギー療法はお受け出来ません。飲酒が疑われる場合には、最後に飲酒されてから12時間以上経過されていることを確認させて頂きます。

・エネルギー療法を受けてから48時間は、ヒューマンエネルギーフィールドが通常よりも広がった状態です。普段よりも敏感になっていますので、ゆったりと過ごされることをお勧めします。

 

補完医療としてのエネルギー療法の位置づけ

エネルギー療法はあくまで補完医療の立場を取ります。そのため、以下のような注意が必要です。

 

・施術者は、いかなる病気/症状についても、診断は致しません。病名診断は、あくまで医師の管轄であることを理解しています。

・エネルギー療法は病院での治療に取って代わるものではありません。治療中の病気がある方は、病院での治療を続けることを前提として、エネルギー療法を受けて頂きます。エネルギー療法を受けることを理由に病院での治療を中断した場合、施術を中断させて頂く場合があります。

・治療中の病気がある場合には、病名/飲んでいる薬の名前を事前に施術者にお知らせください。薬の種類によっては、作用/副作用を助長させてしまう可能性があり、エネルギー療法をお断りさせて頂く場合もありますので、ご了承下さい。

・施術者が病院への受診や心理療法を受ける必要性があると判断し、クライアント(受ける方)がそれに従わない場合、施術を中断させて頂く場合があります。

・クライアントの主治医より、施術者に対し治療への協力要請/情報共有の申し出があった場合、クライアントの合意の上で、主治医の治療に協力させて頂きますので、ご相談下さい。

 

エネルギー療法の施術について

・エネルギー療法は、服の上からクライアントの身体に直接触れて行うものであることを御理解/御了承いただきます。

・エネルギー療法は、クライアントのエネルギーフィールドに影響を及ぼすものであることを御理解/御了承いただきます。

 

クライアントからのハラスメント行為について

・クライアントから施術者への、暴力/暴言/セクシャルハラスメント/逆パワーハラスメント/行き過ぎたクレーム行為は、許されることではありません。これらに該当する行為により、施術者が継続困難と認めた場合には、クライアントの了承を得ずとも、施術を中断させて頂きます。

 

その他、施術中断の理由となる行為について

・無断遅刻/直前でのキャンセル/予定変更などが頻発し、継続に支障を来した場合、クライアントの了承を得ずとも、施術を中断させて頂きます。

 

キャンセルについて

・予約2日前からのキャンセルよりキャンセル料が発生します。

2日前(72時間)以降のキャンセル セッション料金の50%(半額)

前日(48時間)以降のキャンセル セッション料金の100%(全額)

 

守秘義務について

・氏名/住所/メールアドレス等、個人を特定出来るもの、また、症状/病状等の施術者のみが知りうる情報、セッション中に語られた個人的な内容については、重要な個人情報とみなし、守秘義務として他言他用しないことを遵守致します。

・上記個人情報が含まれる施術カルテについては、5年間を保管期間とし、施術者の元に保管させて頂きます。

・クライアントの体験談等をウエブサイト/文書で公開する場合には、個人を特定出来るような内容は伏せ、事前にクライアントの承諾を得たものに限り、公開させて頂きます。

・施術者の守秘義務の例外として、クライアントが違法行為および違法行為に準ずる行為(自傷および他傷の可能性等)をすると語った場合、もしくは、していると確信した場合は、関係者に連絡する場合があります。